賃貸物件でも設置可能! 簡単取り付けのロールスクリーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ナチュラルロールスクリーン

カーテンにはないロールスクリーンの魅力

 

高級感のあるお部屋に変わるナチュラルロールスクリーン

 

 

その面積の広さから、お部屋の印象を大きく変える窓まわりのウィンドウデコレーション。

 

 

 

その選び方は、インテリアを考える上で非常に重要な要素の一つとなっています。

 

 

 

そのため、模様替えをするときには「どんなカーテンにしようかな」と頭を悩ませている人も少なくないはずです。

 

 

 

しかし、窓掛けはカーテンだけではありません。

 

 

 

今までとテイストを変えたい。

賃貸マンションだけど変化をつけたい。

 

 

 

そんなときにおすすめなのが、ロールスクリーンです。

 

 

 

でも、「わざわざロールスクリーンを使う必要があるの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

ロールスクリーンの特徴はなんといっても、窓まわりをすっきりさせてくれること

 

 

 

タッセルでまとめても存在感のあるカーテンに対し、機械式のロールスクリーンは生地をまきあげるため窓まわりの印象をすっきりとさせてくれます。

 

 

 

また、ロールスクリーンは上下に生地を移動させるため、部屋の調光がしやすいのも特徴です。

 

 

 

カーテンであれば開けるか閉めるかでしか調節できない光を、下半分だけを開けておくことで直接光が視界に入らず、なおかつ部屋が暗くならないように調整することができます。

 

 

 

このように、ロールスクリーンはカーテンにはない魅力をもっているのです。

 

 

賃貸でも設置可能なロールスクリーンとは

 

 

 

ところが、中には

「うちは賃貸のマンションだから、ロールスクリーンは使えなくて……」

とおっしゃる方もいるかもしれません。

 

 

 

確かにロールスクリーンといえば、窓枠などにビスで穴を開けて本体を取り付ける方法が一般的です。

 

 

 

一方で賃貸マンションなどの賃貸物件は貸主の不動産ですので、賃貸物件の壁に穴を開けたり傷をつけたりすると、不動産屋から怒られたり賃貸物件の補修費を請求されたりすることがあります。

 

 

 

そのため、賃貸マンションなどの賃貸物件ではロールスクリーンが使えないと思っている方は少なくないのではないでしょうか。

 

 

 

しかし実は、賃貸物件ではロールスクリーンが使えないというのは大きな間違いなのです。

 

 

 

賃貸物件の壁に穴を開けることなく、賃貸でも簡単にロールスクリーンを設置する方法があります。

 

 

 

まず賃貸でおすすめの設置法の1つ目は「カーテンレールに取り付ける方法」です。

 

 

 

カーテンレールはほとんどの賃貸マンションの窓に備え付けられています。

 

 

 

このカーテンレールに「レールビス」という金具を取り付けることで、賃貸物件の壁に傷をつけることなく、賃貸でも簡単にロールスクリーンを取り付けることができるのです。

 

 

 

 カーテンレールにロールスクリーンを取り付ける方法>>

 

 

 

しかし、

賃貸ワンルームなどの部屋には、カーテンレールのない幅の狭い窓が存在します。

 

 

 

このようなカーテンレールのない窓にも使える、賃貸でおすすめの設置法の2つ目が「ロールスクリーン用テンションバーを使って取り付ける方法」です。

 

 

 

テンションバーは窓の両脇の壁に突っ張り棒のように取り付けることで、賃貸物件の壁を傷つけることなく、賃貸でも簡単にロールスクリーンの本体を設置することができます。

 

 

テンションバーを使ったロールスクリーン

 

  テンションバーを使っての取り付け方>>

 

 

 

このような2つの方法を使うことで、賃貸マンションのような傷がつけられない不動産においても、簡単にロールスクリーンを設置して使うことができるのです。

 

 

賃貸の方におすすめのロールスクリーン活用法

 

 

 

ここで、賃貸マンションなど賃貸物件でおすすめのロールスクリーン活用法をご紹介いたします。

 

 

 1)窓まわりをスッキリしたインテリアに

 

 

 

賃貸物件では壁や床の傷に気をつけなければならず壁掛けのアイテムを使うことができないため、賃貸物件でのインテリアコーディネートは幅が狭くなりがちです。

 

 

 

そんなときに、ロールスクリーンを窓に設置することで窓まわりの印象を変え、賃貸マンションでもお部屋の雰囲気をガラリと変えて見せることができます。

 

 

 

賃貸物件におすすめのロールスクリーン

 

36色から選べる無地調ロールスクリーン

 
36色から選べる!無地調スタンダードロールスクリーン

 

 

 

2)明かり取りの細窓の窓掛けに

 

 

 

賃貸のワンルームマンションには、幅が狭い明り取りの窓などがよく設置されています。

 

 

 

このような窓にカーテンを設置すると開閉がしづらく、一方で何もつけないと西日が差し込んで眩しかったり、冬の冷気が部屋に侵入したりするため、これらの窓が賃貸ワンルームでの悩みの一つだという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

このような賃貸物件の細窓には、ロールスクリーンが最適です。左右ではなく上下の開閉を行うため、賃貸物件の狭い窓でも嵩張らずに使うことができます。

 

 

 

また、遮光性のあるロールスクリーンを設置することで、賃貸ワンルームにありがちな細窓からの西日の悩みを解決することも可能です。

 

 

 

賃貸ワンルームにおすすめなロールスクリーン

 

 6色から選べるサイズオーダー可能なロールスクリーン

 

窓際の遮像にも便利な洗えるロールスクリーン

 

 

 

3)お部屋やお風呂の間仕切りとして

 

 

 

部屋や風呂に目隠しや空間を区切るための間仕切りを増やしたいという場合がありますが、賃貸マンションなどの賃貸物件に住んでいると壁に穴を開けるような方法で間仕切りを設置することができません。

 

 

 

そのような賃貸マンションの間仕切りに便利なのがロールスクリーンです。

 

 

 

テンションバーを使って設置することで、カーテンレールなどがない場所にも簡単にロールスクリーンを取り付け、間仕切りとして使うことができます。

 

 

 

色を選ぶことのできるロールスクリーンの間仕切りは、目を引くインテリアのアクセントとして楽しめます。

 

 

 

また、特に防カビ・撥水加工がされている浴室用ロールスクリーンは、味気なくなりがちな賃貸物件の浴室に変化を与えてくれるためおすすめです。

 

 

 

賃貸の浴室におすすめなロールスクリーン

 

カビ・湿気対策。浴室ロールスクリーン

 

防カビ対応! おしゃれな浴室ロールスクリーン

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

 

今までカーテンを掛けていた窓をロールスクリーンに変えるだけで、大きく部屋の印象が変わります。

 

 

 

うちは賃貸マンションだから……と諦めていた方も、ぜひ賃貸でも簡単に設置できる方法を使ってロールスクリーンを楽しんでみてください。

 

 ロールスクリーン商品紹介