オーダーカーテンの魅力と注文の際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
オーダーカーテン イメージ

 

オーダーカーテンという選択

 

みなさんは、部屋のインテリアの雰囲気を決めるにあたって、重要な役目を果たしているものは何だと思いますか?

 

 

壁紙? 家具? それとも小物?

 

 

実は、部屋の雰囲気に大きな影響を与えているのがカーテンなのです。

 

 

カーテンは部屋の中でも、大きな面積を占めるものです。

 

 

そのため、部屋に入ったときにぱっと目に入ってくるカーテンが、その部屋のイメージに大きく影響するのです。

 

 

カーテンには色や柄、材質の風合いなどにも様々なものがあり、選ぶ人の性格が形にあらわれてくるものだといわれています。

 

 

つまり逆を言えば、

部屋の印象だけでなく、部屋の主の印象をも決めてしまうのがカーテンです。

 

 

オーダーカーテン カラーバリエーションイメージ

 

 

さて、そんな部屋の印象を決める大事なカーテンを買うとき、みなさんはどこでどのように買うでしょうか。

 

 

窓のサイズを測って、それから量販店でそのサイズのカーテンを探して買う。

 

 

もしくは、通販サイトでそのサイズのカーテンを探して注文する…

という方が多いのではないでしょうか。

 

 

けれども、ちょっと待ってください!

 

 

そうやって選んだ既製品のカーテンのサイズは、そのカーテンをつけたい窓にピッタリのサイズではないはずです。

 

 

確かに3、4センチ違うけれど、それくらいの長さが違ったって使うのに問題ないでしょう、とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

そうおっしゃるとおり、数センチ、縦の長さや幅の長さがずれていても使用に問題が出ることはほとんどありません。

 

 

けれども、幅が少し足りなくて閉じ目が少し開いてしまうカーテン、

もしくは長さが長すぎて開けるたびに床に擦ってしまうカーテン…

どんなに良い素材やデザインのカーテンでも、少しもったいないとは思いませんか?

 

 

そんなときにおすすめしたいのが、オーダーカーテンという選択です。

 

 

オーダーカーテンの魅力とは?

 

オーダーカーテンでお悩み中女性

 

 

「でも、オーダーカーテンはお高いんでしょう?」

 

 

多分、みなさんまずはそう考えるでしょう。

 

 

そうです。確かに高いんです。

 

 

オーダーカーテンの値段の相場は、1窓につき3~5万円程度といわれています。

 

 

1つの窓でその値段ですから、さらに家の全ての窓でオーダーカーテンを使おうとすると、3LDKの標準的なマンションであっても15万円程度、もっと大きいマンションや戸建住宅であれば30万円以上の買い物になる場合もあります。

 

 

最近比較的安価で売られている通販のオーダーカーテンでは、1窓で1万円台のものもありますが、それでも既製品のカーテンに比べて安いものではありません。

 

 

けれども、

その値段でのハンデを補って余りあるほどの魅力をもっているのが、オーダーカーテンなのです。

 

 

オーダーカーテン制作イメージ

 

 

オーダーカーテンの魅力は、なんといってもサイズや仕様を全てオーダーメイドできること。

 

 

1センチ単位で縦の長さや幅の長さを調整することはもちろん、オーダーカーテンであればフックの付け方を変えたり、ひだを増やしたり、逆にヒダをなくしたカーテンを作ることもできちゃいます。

 

 

また、既製品として大量生産に使うことができない生地であっても、オーダーカーテンであれば使うことができるため、選ぶことのできる生地の幅は既製品からぐっと広くなります。

 

 

そのため、既製品にはない素材感やデザインを楽しむこともできる、既製品ではどうしてもイメージにあわなかった部屋のインテリアとも、しっかりマッチさせることができるのです。

 

 

さらに、オーダーカーテンでは大量生産とは違い、一つ一つ丁寧に縫製を仕上げますので、縫い目も既製品よりも丈夫です。

 

 

メンテナンスをすればお気に入りのカーテンをずっと長く使うことができます。

 

 

特に、最近の量販店で売られる格安既製品は主に中国など外国で縫製されたものが多く、洗濯ですぐに糸がほつれたりということもあります。品質もお値段なりなのです。

 

 

このように、オーダーカーテンは多くの魅力をもったカーテンなのです。

 

既製品とオーダーカーテン どっちがいいの?

 

オーダーカーテン サンプル

 

 

では、オーダーカーテンは全てにおいて既製品より優れているのでしょうか?

 

 

残念ながら、値段を筆頭に既製品に軍配が上がる点もあります。

 

 

特に最近は一昔前と違い、既製品でもサイズが細かく選べたり、オプションが充実していたり、豊富なデザインから選べたりと、セミオーダーカーテンとでも言えるようなカーテンも増えてきました。

 

 

場合によっては、オーダーするよりも既製品の方がライフスタイルにあっているという場合もあります。

 

 

以下に既製品とオーダーカーテンの比較を挙げましたので、これを参考にご自分にあったスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

1. サイズ

 

オーダーカーテン サイズイメージ

 

 

最近は既製品でも縦の長さと幅の組み合わせで100サイズ以上の種類が揃っている製品もあり、マンションなど一般的な大きさで既製品で間に合うサイズの窓であれば、手軽に既製品を使うという選択肢があります。

 

 

ただし、

それでも微妙な大きさの違いから、窓にピッタリのものを求めるならばやはりオーダーカーテンが最適であることに変わりはありません。

 

 

また、出窓やスリット窓など特殊な大きさの窓にはやはりオーダーカーテンが適しています。

 

 

2. デザイン

 

オーダーカーテン デザインイメージ

 

 

現在は通販などで、既製品のカーテンでも多くの種類が販売されるようになり、選べるデザインや材質も格段に増えました。

 

 

特に、「カーテンは機能重視でデザインは妥協できる」という人ならば、既製品で探してもそう悩むことはないでしょう。

 

 

一方で、カーテンまでインテリアとして、こだわりたい方にとってはまだまだ物足りないはず。

 

 

オーダーカーテンになれば生地やデザインの幅はぐっと増えますので、そういう方はオーダーを選択肢に入れてカーテンを探すのがいいのではないでしょうか。

 

 

3. 耐久性

 

オーダーカーテン 耐久性イメージ

 

 

一般的にオーダーカーテンで使われる高価な布地は、それだけたくさんの糸を織り込んで作っています。

 

 

安価な既製品の生地と触って比べると、その厚さの違いは一目瞭然です。

 

 

それだけ、高価な布地は既製品よりも丈夫で長持ちします。

 

 

また、オーダーカーテンは縫製も既製品よりもしっかりとして丁寧であるため、ものによっては10年以上、メンテナンスができれば一生ものであるといわれます。

 

 

しかし、同じ家にずっと住めるというのも今は昔。

 

 

就業形態の変化から、転勤や単身赴任など、一つの家にそれほど長く留まれないことも増えてきました。

 

 

窓の大きさや役割が変われば、オーダーカーテンも手に余るものになってしまいます。

 

 

そのような仮住まいの場合は、耐久性には劣るものの、手軽な既製品を買い換えて使うという方法が適しているかもしれません。

 

 

4. 値段

 

f9bba1bd61c8badb041a765936482916_s

 

 

当然ながら、同サイズを大量生産してコストを下げている既製品の方が安い値段で手に入ります。

 

 

ただし、近年はメーカー直接受注による安いオーダーカーテンが通販で手に入るようになったため、昔より敷居が低くなりました。

 

 

また、オーダーカーテンの方が丈夫で長持ちするため、既製品を何度も買い換えるよりもコストパフォーマンスに優れていると言えます。

 

 

家を新築した、ということがあれば、お気に入りのオーダーカーテンを奮発して揃えてずっと使い続けてみてはいかがでしょうか。

 

 

このように、オーダーカーテンと既製品にはそれぞれ使い方によってメリットとデメリットがあります。

 

 

ライフスタイルによって、オーダーか既製品か、自分にあったものを選択するようにしましょう。

 

 

オーダーカーテンを選ぶ際に決めておくこと

 

さて、オーダーカーテンを買おうと考えている方へ、カーテンを選ぶ前にやっておくべきことがあります。

 

 

オーダーカーテンの生地には無数の数があるといっても過言ではありません。

 

 

ホームページやカーテン屋で無計画に眺めていても、どれにしようか迷うばかりで一向に決まらないでしょう。

 

 

まず、カーテンを選ぶために必要なポイントを整理することが大事です。

 

 

オーダーカーテンコーディネート例

 

 

最初にインテリアのコンセプトや、求める雰囲気やイメージを思い描きます。

 

 

寝室なのか、リビングなのか、客室なのか。

また、部屋に置かれている家具はどのようなものなのか。

 

 

そのようにイメージをふくらませることが大事です。

 

 

そして次に、どのように使うカーテンなのかを考えます。

 

 

インテリアとしてデザイン性を重視するのか、それとも遮光性など機能性を重視するのかを決めておくことは重要です。

 

 

必要であれば、遮光カーテンやミラーレースカーテンを選択肢にいれていきます。

 

 

その後に、自分の好みについて書き出します。

 

 

好きな色や柄、デザイン、また、希望の素材や質感など…

そこから実際のカーテンの生地を選んでいくのです。

 

 

それから、カーテンのスタイルや機能について考えていきます。

 

 

ドレープとレースのセットにするのか、それともドレープだけ、レースだけのスタイルするのか。

 

 

最近は窓側にドレープをおき、デザイン性のあるレースを部屋側にかけるという楽しみ方もあります。

 

 

また、両開きのカーテンにするのか、それとも片開きのカーテンにするのか。

ヒダは1.5倍ひだか2倍ヒダか、それともフラットカーテンにするのか。

フックはAフックか、それともBフックにするのか。

 

 

コンセプトや使用用途によっては、カーテンではなくシェードという考え方もあります。

小さな出窓にはオーダーカフェカーテンということも可能です。

 

新しい窓辺スタイル・シェードの種類とおすすめポイント

 

 

カーテンレールが必要ならば、機能レールにするか装飾レールにするか、その形式も考えなければいけません。

 

 

そして、最後に予算です。

 

 

予算を決めずに、特価につられて安いものに飛びつくと、安物買いの銭失いで、結果後悔することも多くなります。

 

 

このように、しっかりと目的のものを決めてからカーテン選びにのぞみ、

満足のいくオーダーカーテンを購入するようにしましょう。

 

オーダーするときの注意点とは

 

女性イメージ

 

 

オーダーカーテンをオーダーするときに、気をつけなければいけない注意点があります。

 

 

まず、一番大切なのがお店選びです。

 

 

今は実店舗だけでなく、通販で注文を受け、届けてくれるオーダーカーテン屋もあります。

 

 

しかし、既製品を買うわけではありませんので、その店がきちんと希望通りのオーダーカーテンを作ってくれる店であるかどうかを見極めなくてはなりません。

 

 

その上で、こちらの希望を親身になって聞いてくれるような店を選びます。

 

 

また、ネット上のカーテン屋の場合は、きちんとサンプル生地を送ってくれるかどうかが一つの目安になります。

 

5点まで無料でサンプルを送ってくれるサービス

 

 

通販の場合は生地を実際に手にとって確認することができませんので、サンプル生地がない店でオーダーするのは避けたほうが良いでしょう。

 

 

次に大切なのが、窓の採寸です。

 

 

オーダーカーテンの一番の魅力である、窓にピッタリのサイズを作るためには、正しく窓のサイズを採寸しなければなりません。

 

 

カーテンのための窓の採寸方法には、きちんとした方法があります。

 

 

その方法をしっかり確認して、窓ピッタリのオーダーカーテンを注文できるようにしましょう。

 

 

もし、実際の店舗が近いなど、専門家に採寸してもらうことができる場合は、実際に来てもらって採寸や下見、打ち合わせをするいう方法もあります。

 

 

オーダーカーテンは決して安い買い物ではありませんので、以上の2点に注意して後悔のないようにしましょう。

 

オーダーカーテンで生活を豊かに

 

オーダーカーテンイメージ G1023

 

 

さて、オーダーカーテンについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

 

 

快適な生活をおくるためには、既製品のカーテンであっても何も問題はありません。

 

 

けれども、それにプラスアルファの生活を送るための手伝いをするのがこのオーダーカーテンなのです。

 

 

部屋にはいるたびに満足出来る、カーテンを見る度に嬉しくなる、そんな自分好みの空間が欲しくはありませんか?

 

 

もしも生活を豊かにしたいのであれば、オーダーカーテンを使うという選択を提案します。