遮光レースカーテン|外から見えにくく遮熱するレースカーテン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
遮光レースカーテンメインイメージ

「遮光レースカーテン」ってどんなもの?

 

 

皆さまの中で、「遮光レースカーテン」をお探しの方はいらっしゃいませんか?

 

 

遮光性のカーテンは窓から入る強い日差しを和らげるだけでなく、遮熱して冷暖房効率を上げたり、窓際の人影を隠すなどプライバシー保護にも役立つなど、様々な利点があります。

 

 

今は遮光性や遮熱性を持った遮光ドレープカーテンがたくさん売りだされていますので、レースカーテンにも遮光や遮熱のできる「遮光レースカーテン」が欲しい……そうお考えの方も少なくないかもしれません。

 

 

レースカーテンはもともと光を取り入れることが目的で作られた薄手のカーテンですので、完全に遮光できる遮光レースカーテンは残念ながらありません。

 

 

しかし、外からの日差しを反射して中が透けないプライバシー保護機能や、日差しの熱を遮熱して冷房効率を上げる遮熱性、紫外線による家具の日焼けを防ぐといった紫外線カット機能などを持つ、いわば「遮光レースカーテン」と呼べるものがあります。

 

 

 

遮光性や遮熱性など、遮光カーテンに求めていた機能がこれらのレース素材を使うことでいくらかカバーすることができるのです。

 

 

 

ここでは、これらの「遮光レースカーテン」をその機能に応じてご紹介します。

 

 

 

プライバシー保護に最適な「遮光レースカーテン」

 

 

昼間外から見えにくいので安心です

 

 

 

通りに面していたり、向かいの家が近い窓のカーテンを選ぶときにまず注意しなければならないのは、窓際のプライバシー。

 

 

 

もし、あなたがプライバシーを気にしない人だとしても、部屋の中が丸見えになってしまう状態では相手にも気を使わせてしまいますので、カーテンによるプライバシー保護は重要です。

 

 

 

視界を遮るためには遮光カーテンなどのドレープカーテンを閉めるのが最も確実ですが、日中に部屋へ光を入れたいときなどは、そういうわけにはいきません。

 

 

 

このようなときに活躍するのが、外から見えにくくする「遮光レースカーテン」です。

 

 

 

プライバシー保護に役立つこの機能をもった遮光レースには、主に「ミラーレース」「遮像レース」の2種類があります。

 

 

 

省エネに貢献するうれしい遮光レースカーテン

 

断熱・遮熱で省エネ効果が高い洗える遮光レースカーテン

 

 

 

1つ目の「ミラーレース」は、生地の裏側に光を反射させる糸を這わせて緻密に編み上げることで、裏面が鏡のような効果を持ったレース生地のことです。

 

 

ミラーレースカーテン

 

 

 

 

そのため、ミラーレースは光を反射して遮光する仕組みになっており、このミラーレースのカーテンを使うことで、窓の外から部屋の中が覗かれる、ということが起こらなくなります。

 

更に、部屋に入る紫外線もカットして家具の日焼けを防いでくれるという利点もあります。

 

 

ただし、ミラーレースは光の反射によって遮光するので、夜に家の中から漏れる光が原因で窓際に映ってしまう人影は隠すことができない点に注意が必要です。

 

 

 

このような場合は、遮光機能のあるドレープカーテンをきちんと閉じるなど、窓際のプライバシーを保護する必要があります。

 

 

 

ミラーレースを購入する際、注意しなければならないのは、レースの遮光効果は光を反射することによって発揮されるものなので、光の弱い曇りの日などは紫外線・視線などを防ぐ効果が少し弱まるという点です。

 

 

また、安く品質の悪いミラーレースでは、糸の密度が少なかったり網目が荒かったりして遮光できず、透けやすいものがあるため注意しなければいけません。
購入前に実際の生地を確認したり、使用場所に応じてお選びになると良いでしょう。

 

 

 

2つ目の「遮像レース」は、光を屈折させる特殊糸を使うことで、昼間だけでなく夜も外から見えにくくなるレース生地のことです。

 

 

 

遮熱・遮像の多機能レースカーテン

 

北欧風のリーフ柄が特長の遮熱遮像のレースカーテン

 

 

 

ミラーレースでは光を反射させることで遮光し、外から見えにくくなりますが、この遮像レースでは「ウェーブロン糸」のような扁平な形状を持つ糸によって外からの光を屈折させ、レースの向こう側が見えないようにします。

 

 

遮光レースが透けないイメージ

 

 

 

 

遮光レースが透けないビフォーアフター

 

 

 

これは日中に窓の外からの視線を遮るのはもちろん、中からの光も同じように屈折されるので、夜など室内が明るい場合でも高いプライバシー保護効果が期待できるレースカーテンです。

 

 

 

また、ミラーレースカーテンよりも厚みがあるしっかりした生地が多いのも特徴で、紫外線カット効果も期待できます。

 

 

 

ただし、遮像レースは中からの視線も遮るため、遮像レースカーテンを通して外の風景を見ることができない点には注意が必要です。

 

 

 

窓の外が見えないことで圧迫感を感じることもあるため、プライバシー保護の必要性にあわせて遮光レースの種類を選びましょう。

 

 

 

遮熱性で冷房効率をあげる「遮光レースカーテン」

 

 

高級感のあるミラーレースカーテン

 

光に透けるエレガント柄の遮熱ミラーレースカーテン

 

 

 

遮光をすることによる大きな利点が、遮熱効果です。

 

 

 

ある測定によれば、夏に屋外から入ってくる熱の実に7割は窓からの熱であるとされています。

 

 

 

部屋に一度入った熱は排出することが難しく、大きく冷房効率を下げてしまうため、まず熱が入る前に遮熱することが重要です。

 

 

 

そのため、特に温暖化が進み冷房が手放せない昨今では、窓からの日差しを遮光、遮熱して冷房効率を上げることが、カーテンの非常に大切な役割の一つとなっています。

 

 

 

しかし、遮熱したいけれど、遮光のためにドレープカーテンを閉めると部屋が暗くなりすぎて電灯をつけなくてはいけない……と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

このようなときに役に立つのが、遮熱効果をもった遮光レースカーテンです。

 

 

 

これらは遮熱レースカーテンと呼ばれ、「エコリエ(帝人ファイバー)」や「サラクール(ユニチカ)」のような、日光の熱源である赤外線を吸収したり反射する特殊糸を用いることで、明るさを部屋に取り入れながら遮熱効果を得ることができます。

 

 

 

省エネに貢献するうれしいレースカーテン

 

夏は涼しく、冬は暖かい、機能万全な遮熱レースカーテン

 

 

 

更に、ミラー効果のある素材や密度の高い生地を用いることで室内に入る光自体も遮光し、遮熱効果を高めた遮熱レースもあります。

 

 

 

同時にこれらの遮熱レースは、冬に窓から逃げる熱もある程度遮熱することができるため、部屋を保温して暖房効果が上がります。

 

 

 

このように遮熱レースカーテンを使うことで屋外の熱を遮熱し、部屋の冷房効果・暖房効果をアップして省エネすることができるのです。

 

 

 

遮熱レースカーテンは透けにくい効果のあるミラー機能や遮像機能を共に備えているものが多いので、まさに快適さを追求したレースカーテンと言えるでしょう。

 

 

 

ただし、遮熱レースカーテンとはいえども窓ガラスが暖めた空気から伝わる熱など、部屋に入る熱を完全に遮熱するわけではありませんので、日差しの強い窓は外にサンシェードで遮光するといった遮熱方法を併用する必要があります。

 

 

 

また、冬の日中は遮熱による保温効果よりも日光を取り入れたほうが暖房効率が上がる場合もありますので、ライフスタイルに合わせた使い方をしましょう。

 

 

 

このように、外からの視線を遮るレースや、遮熱効果のあるレースなど、遮光による利点と光を取り入れるレースカーテンとしての利点を両方あわせ持った、「遮光レースカーテン」と呼ぶのにふさわしい機能性レースカーテンがあります。

 

 

 

どのレースカーテンにもそれぞれ特徴がありますので、必要である効果を取捨選択し、自分のライフスタイルや部屋のインテリアにあわせて選ぶことが大切です。