すりガラスの窓にはカーテンは不要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
すりガラスイメージ

すりガラスの窓にもカーテンが欲しい!

 

 

「すりガラスの窓なら外からは見えないし、カーテンは必要ないわよね…」

 

 

みなさんの中にこんな考えの方はいらっしゃいませんか?

 

 

すりガラスや表面がデコボコしたガラスの窓は窓の中が窓の外から見えないように、窓の表面をデコボコにすることで目隠しの効果をもたせたものです。

 

 

さらに、最近はホームセンターなどで窓に貼り付けると窓から中が見えなくなる、すりガラスシートも販売されるようになりました。

 

 

しかし、窓の外から窓の中が見えないからといって、すりガラスの窓にカーテンをしなくてもよいのでしょうか?

 

 

確かにカーテンには窓の外からの視線をさえぎる目隠しの役割があります。

 

 

でも、窓にカーテンをかける理由はそれだけではありません。

 

 

カーテンは窓からの光を調節したり、逆に夜は窓から漏れる光をさえぎる役割をします。

 

 

また、窓ガラスそのままでは冷たい印象になってしまう窓を、インテリアとしておしゃれに飾り生活を豊かにすることも、カーテンの重要な役割です。

 

 

さらに、すりガラスの窓とはいえども窓際の陰影は見えてしまいますので、プライバシーが完全に確保されているとは言いがたい点もあります。

 

 

 すりガラスからの覗き込み

 

 

すりガラスは窓の外から見えないかどうかを心配するのであれば、すりガラスの窓であっても窓にカーテンをつけるべきなのです。

 

 

 

普通のカーテンが付けられない窓には小窓カーテンを

 

廊下のすりガラスイメージ

 

 

しかし、すりガラスになっている窓の多くは大きな掃き出し窓ではなく、廊下や洗面所などの小窓でしょう。

 

 

カーテンを取り付けたくても窓にカーテンレールがなくて取り付けられない…

とお困りの方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんなすりガラスの窓におすすめしたいのが「小窓カーテン」です。

 

 

 すりガラスに小窓カーテン

 

 

 

小窓カーテンは通常のカーテンと違い、つっぱり棒に通して窓に取り付けるタイプのカーテンです。

つまりカーテンレールがない場合でも取りつけが可能なのです。

 

 

そのため、すりガラスが使われるような明かり取りの細長い窓や、換気の小窓のような窓にも設置することができ、活用の幅が広いカーテンと言えます。

 

 

また、窓に合わせた大きさでカーテンが作られるため、窓の上から下までカバーすることができ、陰影が窓の外から見えないようになるのです。

 

 

さらにカーテンの生地やデザインが選べるので、窓の場所に合わせておしゃれに楽しむことができます。

 

 

 キッチンのすりガラスの窓をナチュラルなチェック柄の生地でおしゃれにアレンジしたり。

 

 

 

059-Capture0105-1

 

 

廊下の小窓をフリルつきレースカーテンで可愛くコーディネートしたり。

 

 

カーテンの華やかさが際立つ小窓カーテン

 

上品でフェミニンな 窓辺する小窓カーテン

 

 

小窓カーテンによって窓の色々な楽しみ方が可能になります。

 

 

すりガラスの窓際の陰影を見えないようにしてプライバシー確保するためにも、また、窓をおしゃれに楽しむためにも、すりガラスの窓に小窓カーテンの取り付けをおすすめします。

 

 

小窓用カーテン特集

小窓用カーテン特集はこちら