小窓のカーテンに困ったときの解決法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
小窓カーテン フリルコーディネートイメージ

 

小窓の悩み。その解決法とは?

 

日光を取り入れた明るい暮らしは誰もが憧れる家です。

 

 

そのため、最近の家は昔に比べ、採光に配慮されたつくりになっており、廊下や階段、キッチンなどに小窓があるといったことがよくあります。

 

 

しかし、実際に暮らしてみると、その小窓に悩まされることは少なくありません。

 

 

小窓に窓掛けをつけずにそのままにしていると、小窓から日差しが部屋に入りすぎて困ることが少なくありません。

 

 

また、小窓から屋内が見えてしまうといったプライバシーの心配があります。

 

 

ところが小窓にはカーテンレールがないことが多く、そのため普通のカーテンをつけるのは手間になったり、値段が高額になったりしてしまいます。

 

 

また、よく小窓用カーテンとしておすすめされているカフェカーテンは取り付け場所を選ばない点で優れていますが、丈が短く、縦に細長い小窓などではあまり役に立たないのが実情です。

 

 

更にカフェカーテンは生地の選択肢があまり多くないことも欠点です。

 

 

そのため「小窓をそのままにするのは気になるけど、どんなカーテンをつければいいかわからない…」といった悩みをお持ちの方も多いのはないでしょうか。

 

 

そこでおすすめなのが、つっぱり棒で簡単に取り付けできる「小窓カーテン」です。

 

 

 

小窓にぴったりの小窓カーテン

 

 

☆DSC_4476-1

 

 

 

小窓カーテンはカフェカーテンと同じく、つっぱり棒に通して小窓に取り付けるため、安価で簡単に取り付けができます。

 

 

カフェカーテンとの大きな違いは、サイズと生地の自由さです。

 

 

既製サイズではなく、オーダーカーテンのように小窓に合わせたサイズが指定できるため、きちんと小窓の上から下までカバーできるカーテンになります。

 

 

しかも一つ一つ丁寧に筒縫い縫製しているため、テープなどで簡易的に作られた小窓向けカーテンより丈夫です。

 

 

また素材も、綿や麻などの天然素材を使った厚地からレース生地まで、好みや部屋の雰囲気に合わせて楽しむことができます。

 

 

 

日差しの強さが気になる小窓 には…..

厚地の生地で、シェードのように高さが調節できるリボンアップタイプがオススメ。

 

 

リボンを結んで丈を調節するカーテンで、エレガントさを出すことができます。

 

縦長の小窓には活躍できるにもこのタイプです。

 

 

☆DSC_4608-1

 

リネン独自のシャリ感とレーヨンの光沢感がある小窓カーテン

 

 

 

光は入れたいけれど外からの視線が気になる小窓 には…..

レース生地や薄手のリネン生地で目隠しができる小窓カーテンを。

 

 

 光を入れながら視線隠す小窓カーテン

 

麻特有のシャリ感と光沢感、 透け感をあわせもつ小窓カーテン

 

 

 

外から見ても魅力的にしたい小窓 には…..

フリルのたっぷりついた小窓カーテンを。

 

 

視線を隠すということよりも“魅せる”ということを重視したい方にはおすすめです。

 

 

小窓カーテンメインイメージ

 

フリルのトリミングがロマンティックな小窓カーテン

 

 

小窓カーテンは小窓の場所や目的にあわせて色々なアレンジができる、まさに小窓の悩みを解決するためのカーテンなのです。

 

 

もしも小窓のカーテンに困ったなら、迷わずこのカーテンを選んでみてくださいね。

 

小窓カーテンのおすすめコーディネート3選

 

 

 

小窓用カーテン特集

小窓用カーテン特集はこちら