寒い冬もこれで安心! カーテンを活用した防寒で暖房効率を高めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
寒い冬のメインイメージ

カーテンを活用した防寒って?

 

 

冬が近づくこの季節、今のうちに考えなくてはいけないのがお部屋の寒さ(防寒)対策です。

 

 

冬になると、夜は窓際からの冷気で部屋が冷えてしまいますので防寒が欠かせません。

 

 

そこで防寒のために暖房器具をフル稼働してみたり、部屋でも厚着をしてみたり…

 

 

けれども「防寒のためにエアコンを強くすると乾燥するし電気代もかかる。でも防寒のための厚着も嫌だ。なにかいい防寒方法はないだろうか?」と、このように考える方も多いのではないでしょうか。

 

 

そのようなあなたにおすすめの防寒法が、カーテンを遮光・遮熱カーテンのような厚手のカーテンに変えるという防寒法です。

 

 

遮光・遮熱カーテン

 

遮光裏地付きのカーテン「サイファ」

 

 

 

「遮熱カーテンっていってもただの布でしょう、防寒の役にたつの?」

 

 

寒さ対策でカーテンをすすめると、必ずこのような疑問を持つ方がいます。

 

 

確かにカーテンは、ストーブのように部屋を温めるわけでもありませんから、一見防寒の役に立つように見えません。

 

 

けれども、使ってみればその防寒効果の高さに驚きます。

 

 

厚手のカーテンは窓辺で外からの冷気の侵入を遮断して部屋を保温することで、しっかりと防寒してくれるのです

 

 

防寒効果のある二重カーテン

 

 

防寒効果のあるカーテンは主に2種類あります。

 

 

ひとつめは二重カーテンです。

 

 

遮光性を高めるために裏地がついているのですが、カーテンと裏生地の間に空気の層ができるため、外の冷気の侵入を防ぎ、高い防寒効果を得ることができます。

 

 

アクリル樹脂コーティング加工された遮光カーテン

 

 

ふたつめは裏がアクリル樹脂コーティング加工された遮光カーテンです。

 

 

こちらは生地自体のすきまをコーディング加工がふさいでしまうので、冷気自体の侵入を防いでくれます。

 

 

このように厚手で空気が通りにくい遮光・遮熱カーテンを閉め、窓と室内の間に空気の層をつくることが防寒対策にはとても重要になります。

 

 

防寒の仕組み図解

 

 

冬の冷気は、吹き抜ける冷たい風が窓を冷やし、それが室内の空気を冷やすことで部屋を寒くします。

 

 

しかし、窓と厚手カーテンの間に空気層があると、ここで冷気が留まって部屋の中に入らないため、高い防寒効果が得られるのです。

 

 

また、保温効果の高いレースカーテンも組み合わせると、より窓側からの冷気を遮断することができ防寒対策につながります。

 

 

 

カーテンによる防寒のメリットいろいろ

 

 

保温効果による節電も期待できる防寒カーテン

 

小バラ柄をあしらった、女性に大人気のエレガントカーテン

 

 

カーテンを活用した防寒のメリットはなんといっても節電になることです。

 

 

なぜカーテンの防寒が節電になるかというと、厚手のカーテンは冷気を遮る防寒効果と同時に、部屋の暖かい空気を逃さない保温効果も発揮します。

 

 

そのため、暖房器具の効率が上がり、設定温度が低くても十分防寒されるため省エネになるのです。

 

 

カーテンによって保温されれば、場合によっては防寒のための暖房器具が必要なくなります。

 

 

このようにカーテンを工夫するだけで、節電をしながらしっかり寒さ対策できます。

 

 

カーテンによる防寒には、省エネ以外にもメリットがあります。

 

 

例えば冬に私たちを悩ませる結露

 

 

冬の結露イメージ

 

 

 

窓の水滴でカーテンが濡れてカビが生えた、という経験のある方もいらっしゃるでしょう。

 

 

この結露も、厚手カーテンで空気層を作って防寒することで発生しにくくなります。

 

 

結露は防寒のために暖房などで暖かくなった室内の空気と、吹き抜ける風で冷えた窓が触れた時に水滴がつくものです。

 

 

そのため、カーテンで空気層を作って防寒すると暖かい空気が直接窓に触れないため、結露が起こりにくくなるのです。

 

 

このように、多くのメリットがあるカーテンでの防寒、ぜひこれを活用して冬を節電で過ごしましょう!