安眠効果を高める! 寝室のカーテン色の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
pixta_14387526_M

 

「明日も仕事があるのに寝付けない…」

「布団に入っても目が冴えて何度も寝返りをうつ…」

 

 

そのような経験がある方はいらっしゃいませんか?

 

 

眠りたいのに寝付けない。こんな状態のあなたにおすすめしたいのが、寝室のカーテンを見なおしてみることです。

 

 

「寝室のカーテンが違うだけで寝付きが変わるわけがない!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

しかしながら、寝室のカーテンと安眠には、次のように深い関係があるのです。

 

 

まず1つ目が寝室の色の問題です。

 

 

 18_02

 

 

色には、人間の神経を興奮させたりリラックスさせたりといった効果を持っています。

 

 

赤やオレンジ、黄色は元気の出る色であると言われますが、実はこれらの色は神経を興奮させる効果を持っています。

 

 

そのため、寝室のカーテンをこのような色にしてしまうと、寝る前に興奮してしまって寝られない、ということが起きてしまうのです。

 

 
寝付きが悪い、という方は寝室のカーテンがこれらの色ではないでしょうか?

 

 

2つ目が寝室に入る光の問題です。

 

光が入り込む寝室カーテン

 

 

 

寝室に窓がなかったり、寝室の窓が北向きであれば気になりませんが、寝室に朝日が強く入る部屋において朝日は安眠の大きな敵です。

 

 

この朝日対策として寝室のカーテンにぴったりなのが遮光カーテンですが、1級遮光カーテンでは全く通らなかった光が3級遮光では気になる、という場合もあります。

 

 

また、カーテンの裾から光が漏れて寝室に入ることで安眠が妨害される場合もあります。

 

 

朝日が眩しくて眠れないと感じるようであれば、寝室のカーテンで窓から入る光を対策してみてはいかがでしょうか。

 

 

もしあなたが寝付きが悪い、と感じていたら、これらの寝室の問題をふまえて寝室のカーテンを見なおしてみてください。

 

 

寝室にピッタリの安眠カーテンコーディネートはこれだ!

 

 

それでは、寝室にピッタリのカーテンコーディネートとはどのようなものでしょうか。

 

 

リラックスできるベージュのカーテン

 

ナチュラルな風合いの生地が魅力のカーテン

 

 

まず、色は興奮する働きのある色を避け、リラックス効果のある青や緑、ベージュを選びます。

 

 

これらの色が寝室にあると、心が落ち着いてゆっくり安眠できるようになります。

 

 

同じく、柄の強いものは落ち着かないため、寝室のカーテンには不向きです。

 

 

 

フェミニンな印象を与えるデザインの大人の女性のためのカーテン 

優しい色使いフェミニンな2級遮光花柄カーテン

 

 

 

また、寝室のカーテンの色のコーディネートとして、風水を参考にする方法もあります。

 

>>運を引き寄せる! 風水によるカーテンの選び方

 

 

 

寝室は風水にとって運気を取り込む場所であり、上げたい運気によって寝室のカーテンやインテリアの色を変えます。

 

 

特に、恋愛運を上げるピンクや、仕事運や健康運を上げる緑色、人気運を上げるベージュなどがおすすめです。

 

 

18_06

 

寝室をエレガントに仕上げるシャンデリア柄のカーテン

 

 

 

寝室に遮光カーテンを使うことも安眠にとって大切です。

 

 

 

寝室へ全く光を通さないほうが良ければ1級遮光を、適度に朝日を感じたい場合は3級遮光を選ぶなど、寝室に入る光に合わせて等級を選ぶようにします。

 

 

また、冬場に遮熱カーテンを使うことで寝室を暖かく保つことで、安眠しやすくするといった方法もあります。

 

 

しかし、これらの効果ばかりにとらわれず、寝室を自分がリラックスできるような空間にしていくこともまた、安眠にとって大切なことです。

 

 

寝室を過ごしやすくおしゃれにコーディネートして、健やかな睡眠がとれるように心がけましょう。

 

 

ゆっくり眠るためにぴったりな寝室におすすめのカーテンを紹介しています♪

 

寝室におすすめ厚地カーテン